おすすめ 電子レンジ


電子レンジの特徴


ちょっとした食材のあたためから、本格的な料理まで、今や調理に欠かせない「電子レンジ」。
1台あると料理のレパートリーがぐんと広がります。
単機能電子レンジやオーブンレンジでちょっとした料理やあたためをする程度であれば20L程度の小さめの容量でも可能です。
オーブン機能を活用してまとめて調理する場合は、1~2人分なら20~25L、3人分以上なら25L以上がおすすめです。








おすすめ 電気調理鍋・オーブントースター


電気圧力鍋の特徴


電気調理鍋は電気を使うので、火が燃え広がる危険性や焦がす心配がなく、安全に料理できます。
食材をセットし、スイッチを入れるだけで料理が完成するという使い勝手のよさも、電気圧力鍋の魅力です。

オーブントースターの特徴


オーブントースターは、内部の網やトレイの上などに食材を並べ、内部のヒーターで加熱します。
トーストを焼く以外にも、グラタンなどのグリル料理を作ったりするのにも便利です。








おすすめ 炊飯器


炊飯器の特徴


日本人の主食であるお米を炊くのに欠かせない炊飯器。
最近は炊飯だけのモノから、ご飯以外の料理が作れるモノ、便利機能が備わっているモノなど、さまざまな製品がラインナップされています。
炊飯器を選ぶ際に重要なのは、炊き上がりの量です。
一人暮らしなら3合程度、2~3人家族なら3合~5.5合、4人以上は5.5合~1升炊きの容量がおすすめです。








おすすめ コーヒーメーカー


コーヒーメーカーの特徴


コーヒーメーカーはリラックスタイムや仕事中など、さまざまな場面で活躍してくれる家電です。
しかし、ひとくちにコーヒーメーカーといっても、全自動やミル付きなど多くの種類があります。
コーヒー1杯が約120~180mlなので、タンク容量は600ml前後が主流です。
10杯以上淹れられる機種もあるので、利用人数や頻度を考慮して容量の確認をしておきましょう。


  






おすすめ ホームベーカリー


ホームベーカリーの特徴


自宅で気軽に美味しいパンが作れるパン焼き器。
材料を入れてセットするだけでさまざまな種類のパンが作れ、レパートリーが一気に広がるのが魅力です。
食パンのほかに、フランスパン・天然酵母パン・ライ麦パン・米粉パンといった、さまざまなパンに対応。
最近では、うどんやパスタなどの麺類や、ケーキ・ヨーグルト・チーズなど幅広いメニューが作れるモデルが登場しています。








おすすめ ホットプレート


ホットプレートの特徴


友人を招いたホームパーティーや、家族のちょっとした記念日など、幅広い用途で活躍するホットプレート。
最近ではIH式で加熱できるモノや、スタイリッシュなデザインを採用したモノなど、さまざまなアイテムがラインナップされています。
最もスタンダードなホットプレートとして挙げられるのが、ふちの部分に高さがなく、主に焼き物で使用するタイプです。
また、「グリル鍋」と呼ばれる深さがあることで、鍋としても使えるホットプレートも取り扱っています。






新着情報


おすすめ特集